裏風俗

飲む→ラブホ→気持ちE〜【連れ出しスナック】

更新日:

主にあるのは温泉街や大都市の歓楽街。パブやスナックから女のコを連れ出してラブホで遊べる店。それが、〝連れ出しパブ〟や〝連れ出しスナック〟などと呼ばれる裏風俗だ。

主にアジア系の飲み屋が中心だが、まれに日本人や金髪系の白人の店、または混在の店がある。

遊び方は、女のコと一緒に飲んでいると、30分程度でママが小声で話しかけて来る。

「よかったら遊びに連れてってあげて」

もちろん、ディ○ニーランドに連れて行くわけではなく、「ラブホで一発どう?」という意味だ。

料金はショート(60分程度)2万5000円、泊まり4万円が相場で、これにホテル代、店によっては5000円程度の連れ出し料がかかる場合がある。さらに、この他に最初の飲み代が必要なわけで、ショートで遊んでも3万~4万円と、決して安くない遊びなのだ。

しかし、これがオモシロい。

一緒に飲んで楽しくおしゃべりしてコミュニケーションをとってから遊びに連れ出すので、キャバクラやスナックで知り合った女のコをラブホに連れ込んでエッチする感覚と似ているのだ。

風俗店のように、店のシステムやオプションなんてのももちろんナシ。キスもフェラもゴムのアリ無しも、女のコとのコミュニケーション次第。

「何も決まっていないところから、可能性を引き出す楽しみ」

が隠れている、まさに、酒と女が好きな男性にはたまらない遊びだ。

そんなにオモシロい連れ出しパブの探し方には、地域性が絡んで来る。

連れ出しパブとセットになっているのがラブホテルだが、地方都市にありがちなのが、ラブホの近くにあるアジア系スナックの集まった飲屋街は、可能性は高い。

一軒一軒、店に聞いて廻るわけにもいかないので、逆にラブホからひとりで出て来るアジア系の女のコを見かけたら、どこに戻るのか、それを突き止めるのもひとつの手だ。

大きな温泉街なら必ず1軒や2軒の連れ出しパブがあるので、ポン引きやタクシーの運ちゃんに聞いてみるのもいいだろう。

ちなみにオイラ調べでは、全国で最も連れ出しパブが多いのは長野県だ。表風俗の出店が条例で厳しく規制されているため、その反動で連れ出しパブが増えたと考えられる。

おもしろいのは、その地域地域で女のコの国籍が違うところ。例えば、御代田町のスナックにはタイ人の女のコが多く、中込や上山田温泉には韓国人が、松本の西堀にはタイ、台湾、インドネシアのコがといった具合。コミュニティーが確立されている小さな飲屋街ほどこの傾向は強く、大きな歓楽街になるほど入り交じっている。

その他、ユニークな連れ出し店としては、群馬県伊香保温泉では、スナック街にあるラーメン屋や居酒屋でも女のコを紹介してくれる店がある。

以前は数人の女のコを置いているラーメン屋が実際にあったが、現在はスナックから女のコを呼んで店内で顔見せして、客が気に入れば連れ出すシステムになっている。ちなみに、伊香保温泉にはラブホがないので、遊ぶのは女のコが生活している部屋だったり、近くに借りたアパートだったりする。

オイラの経験では、三重県鈴鹿市の平田町駅近くのスナックには中国人、台湾人に混じって1人だけ金髪のブラジル美女がいた。手を握って一緒に飲み、時に強く握りしめてアピールしてくるのだった。ちなみに、店の他の女のコたちとの共通語は日本語だという。

連れ出しスナックはアジア系の女のコが多いが、沖縄には日本人の女のコを連れ出せる店がある。ソープランド街で有名な辻町には数軒の連れ出しスナックがあり、現地では「デートクラブ」や「観光パブ」などと呼ばれている。

狭い島文化ゆえ、顔バレ防止のため客は観光客専門。内地からの観光客でも、見た目がジモティーとカン違いされやすい男性の入店は断られることがあるかもしれない(笑)。

大阪のハプニングバーでも、ヒマな時は店員の女のコを連れ出せる店があったりと、近くにラブホがあればどの店でも可能性はある。ふと入ったスナックが、店の規模の割に妙に女のコの数が多ければ、ひょっとしたらそうかも知れない。連れ出しスナックに巡り会うチャンスは意外に多いのだ。

そして、そんなスナックでかわいいコが着いたなら、早目に連れ出すことをオススメする。後から来た常連オヤジに横取りされて悔しい思いをする前に。

-裏風俗

Copyright© 松本雷太のニッポン風俗総研 ただ今構築中 , 2018 All Rights Reserved.