温泉

匂艶 THE【温泉コンパニオン】

更新日:

秋ホンバン。温泉シーズンも本番である。

日本人にとって、「ホッと一息、リフレッシュ」するのに欠かせない冬の楽しみの1つ、それは何と言っても温泉である。そこに観光名所や風俗を合わせれば、至福の温泉旅行が完成することになる。そして、温泉風俗の花形と言えるのが、コンパニオン遊びではないか。

地域によって呼び名は様々だが、一般的にはノーマルコンパニオン(以下ノーマル)とピンクコンパニオン(以下ピンク)に大別される。
ノーマルの遊び方は、宴会の席にスナックの女のコが来てくれるものと考えるとわかりやすい。ミニスカスーツ姿の女のコと、下ネタなどを楽しみながら一緒に酒を飲んで盛り上がる。女のコやノリ次第では、パンチラや服の上からのオッパイタッチ程度はできそうだ。

「イヤイヤ、俺たちが行きたいのは、そんなんじゃなくてもっとエロエロな宴会の方だよ!」

と言うアナタ、わかってるって。もちろん忘れちゃいけないのがピンクコンパニオンだ。
地域によっては『シースルー』とか『スーパー』などが付く場合もあるが、着ているものが多少変わる程度で、内容はほとんど変わらない。
ノーマルよりはエロい遊びができ、上半身裸でおっぱいモミモミは基本中の基本。そこから先は女のコやノリ次第だが、それ以上のお楽しみが待っている時もある。

宴会愛好家の中には、

「ピンクじゃなくてノーマルを口説いて脱がすのがおもしろい」

という猛者もいるが、普通の酔っぱらいには百戦錬磨のコンパニオンを口説くなんて土台ムリな話。なので、最初からピンクを頼む方がよさそうだ。
そして、忘れてはいけないのが、コンパニオンが一緒にいる間は玉代(料金)が発生することだ。以前、社員旅行の宴会に呼んだコンパニオンを、個人的に口説いて二次会に誘ったつもりのアホ社員がいたが、翌日、幹事に数万円の追加料金を払わされていたいた(笑)。遊び方を知らないと、こんな目に遭ってしまうので要注意だ。

そしてもうひとつ。通常、温泉旅館には、「コンパニオン遊びの場合、ここまではいいが、ここから先はラブホへ」などの規定がある。コンパニオンの女のコももちろんそれは心得ているので、大人のお付き合いとなった場合は、お座敷ではなく近くのラブホで、ということになる。

しかし、当然どこの温泉街も同じだろうと思っていたら、伊香保温泉で元コンパニオンをやっていたという池袋のおっパブ嬢が言うには、「某旅館なら、部屋で最後までOK」と寛大だったと教えてくれた。代理店にコンパニオン宴会を頼むなら、そんなゆるい旅館を紹介してもらうのも手だろう。

「お座敷の方がいいって言うお客さんはだんぜん多かったよ。チップはいつも4もらってたから、これからアフター行くなら4でいいよ」

Cカップで小倉優子似のカワイイ女のコだったが、残念ながら懐が寂しく、泣く泣く断らざるをえない夜だった。

ノーマルでもピンクでも、コンパニオン遊びはどれだけ盛り上がって女のコと仲良くなれるかがポイントだ。女のコが喜ぶように褒めたりすかしたりが大切。それでも、仲良くなるには基本時間で足りるはずもなく、最低1時間程度の延長は覚悟しておくことだ。

さらに気になるのはお座敷のあと。盛り上がるだけ盛り上げて、「ハイ、さよなら」はないんじゃない? そのあとの大人のお付き合いも女のコ次第。宴会の最中に気に入ったコがいれば、それとなく後のことを聞いてみよう。チップは、玉代の他に3~4万円程度必要だ。

温泉コンパニオンは、全ての温泉街にいるわけではないので、あらかじめ目的地の温泉街に希望するコンパニオンがいるかどうかを調べることから始めよう。そして、イイ思いをしたいなら1週間以上前には〝ノリがよくて若いコ〟を予約しておくべし。
紅葉に包まれた露天風呂と温泉街には、新しい出会いが待っているに違いない。艶会の成功をお祈りする。

 

-温泉

Copyright© 松本雷太のニッポン風俗総研 ただ今構築中 , 2018 All Rights Reserved.