裏風俗

福岡 中洲 真夜中過ぎてもソープにヘルスに本●デリヘルが楽しめる街 

投稿日:

スナックのママが電話してくれたのはデリヘルだった

 警視庁密着番組みたいな出だしだけど、それもあながちまちがった話ではない。中洲では、酔っぱらってもタダでは眠らせてくれない誘惑の、あの手この手が待っている。

 国体道路を境に北と南に分断される中洲は、北に飲み屋街、南にソープ街が並んでいる。深夜、南新地を歩くと、午前0時をとっくに回ったにも関わらず、ソープやトクヨク(ファッションヘルスのこと)の客引きが「まだ入れますよ」と誘って来る。
 しかしそれは、風俗街だからまだわかるが、驚いたのは北のスナックで飲んだ時だった。

 編集と2人で取材に行った週末の夜、近くの案内所で紹介してもらった安めのスナックへ。30代の美人ママのいる小さなスナックで、午前2時頃、帰ろうとお勘定をしてもらった時、ママが囁いた。

「このあとどうするの? すぐ寝るの?」

 最初は、アフターか何かに誘われているのかと思ったが、それにしては時間が早い。

「ソープでもヘルスでも紹介できるよ」

 へー、こっち側でもでそうなんだ。しかも、飲み屋が案内所みたいなこともしてくれるとは…。しかし、南新地はホテルとは逆方向。ネタにもならないので断ったのだがママは続けた。

「それならデリヘルにしたら? 普通のデリヘルと裏のデリヘルがあるよ」

「裏」と言われ、これはネタになると考えた。料金は本●が2万円で、ふつーのデリが1万5000円だという。結果、記者が裏を、編集が普通のデリを呼ぶことにすると、ママが店に連絡を取ってくれた。

 その約30分後、記者のホテルの部屋に来たのは、Hカップの超爆乳の美人妻だった。すでに取材で2発発射していたにも関わらず、上手なパイズリと騎乗位で予想外にあっさりとヌカれてしまった。

 
 しかし翌朝、編集がさらにおもしろいネタを持って来た。

「夕べのデリヘルなんですけど、女のコが部屋に入るなり、『本番コースでいいですよね』って…」

 さすが中洲、結局どっちでもヤレたわけだ。そしてその夜も、キャバクラから帰る時、ボーイに言われた。

「このあとヌキでもなんでも紹介できますよ」

 中洲の街に渦巻いているのはおもてなしの心なのか、それとも単なる「欲望」なのか…。

-裏風俗

Copyright© 松本雷太のニッポン風俗総研   18歳未満禁止です💖 , 2019 All Rights Reserved.