裏風俗

長野に風俗はない? 松本の歓楽街はないもので遊べる街

投稿日:

指名写真はタブレットだった

 長野県は風俗好きには残念な県だと言われている。その理由は、温泉やスキー場など、観光地はたくさんあるのに、夜、繁華街に遊びに出ても、ヘルスやソープが1軒もないから、らしい。

 風俗を知ってる者にすれば、

「んなアホな笑」

 ってとこですわな(笑)。

 確かに長野にはソープランドはないが、ファッションヘルスは上山田温泉に1軒あるし、今どき、風俗はソープとヘルスだけではない。長野県にだってデリヘルはあるし、それに、昔から連れ出しパブで有名な土地。ピンサロもあれば韓国エステ、中国エステは一発屋も同然だ。

 さらに、松本駅前の繁華街には、都内にはほぼなくなってしまったあんな風俗店だって残っているのだ。

松本には風俗ビルさえ存在する

 週末の夜、駅前の繁華街を歩き始めると、あきれるほどすぐにポン引きオヤジが近づいて来た。

「先輩、本番。どう?」

 歩き始めてものの3分で、いきなり本番風俗を発見してしまった。しかし、よく聞くと、案の定中国エステだという。オイラは日本人と遊びたいのだ。そのオヤジの次に声をかけて来たオヤジも、別の中国エステの客引きだった。

「日本人がいいんだよ」

 そう言って断ると、すぐ横でそのやり取りを聞いていた若い客引きがすかさずに言った。

「ウチ、日本人です。本番です」

 客引きの多い歌舞伎町や五反田でもこんな簡単に本ヘルが見つかることはまずないだろう。その客引きに案内されてスナック風の店に入ると、現れたのは中国人ママだった。

「これは一杯食わされたかな?」

 そう思った時、ママは不安を拭うように、

「ダイジョブ、女ノ子ハ日本人ダカラ」

 そう言って、タブレットで女のコの写真を見せてくれるのだった。

 VIPコースで遊べる女のコは、グラマラス系とスレンダー系の二人。22歳のスレンダーな女のコを指名して、40分1万6000円の料金を支払い、案内された個室にいたのは、愛想のいい女のコだった。

 彼女はオイラの服を脱がせるとシャワーでカラダを流し、ベッドに入ると濃厚なディープキスから生フェラ、シックスナインでビンビンにしてくれたあと、濃密なプレイを楽しませてくれるのだった。

「あたし、風俗は天職だと思ってるの。ピンサロにデリヘルにヘルス、全部やったの。あとはソープだけ(笑)」
 
 長野県でそんな言葉が聞けるとは……。確かに松本には風俗ビルもあるし、駅前には他にも箱ヘルや本ヘルが隠れているに違いない。そして、女のコに「風俗が天職」と言わせる街。それでもまだ、「長野は残念な県」と言えるだろうか? 

-裏風俗

Copyright© 松本雷太のニッポン風俗総研   18歳未満禁止です💖 , 2019 All Rights Reserved.