裏風俗

名古屋の風俗マンションに本●風俗はあるのか?

更新日:

鳥居マークに似ているが、タテすじが入っていて〝円〟にも見えてしまうのは、記者が不謹慎なのだろうか?

魑魅魍魎にして奇奇怪怪 、カオスな空気が漂う風俗ビル、風俗マンションを訪ねたのは、名古屋にあるあのマンションだ。

名古屋駅から地下鉄で1駅の伏見駅近く。広小路通りに面し、歓楽街からは離れたオフィスビルの並ぶ街に建つ茶色いレンガ張りの細長いマンション。外観はまったく普通のマンションと変わらないのに、そのマンションには昼間から多くの男女が出入りする。入っているのはオフィスではなく、風俗店だ。

東京や大阪では20年程前には多く存在したマンション型ヘルスも、その多くが新風営法改正に伴い自主廃業したり、マンヘルからデリヘルへと業態を変えた。しかし、名古屋のこのマンションは当時とほぼ変わらずに今でも多くの風俗店が入っている。

そのマンションは二棟の建てものからなり、それぞれ地上13階建てで入居数124戸。そのうち約90戸が風俗店及びそのプレイルームとなっていて、密度だけを考えれば、まさにちょんの間並みに凝縮された濃厚な風俗地帯であろう。おそらく、日本一の風俗マンションに違いない。

ゴミもちらかっておらず、きれいに掃除されているエントランス。他のマンションと違うのは、住居表示が風俗店の名前になっていることくらいだ。

実は、以前から名古屋に来る度に感じていたことがある。それは、「豪華なモーニングセットを始め、風俗店スタッフの丁寧な接客態度や女のコのサービスなど、名古屋人のサービスとおもてなしの精神は日本一じゃないか」。それがこのマンションには集約されていた。

どこか、オモシロそうな店があれば入ってみようと、エレベーターで最上階に上り、外階段を使って上から一階づつ見学しながら降りて行くと、前から目星を付けていた某店も確認できた。多くの店先に店員の姿はなかったが、1軒だけ店員と出くわしてしまった店があった。階段室から廊下をのぞくと、コワモテ店員と目が合ったのだ。

「どこかお探しですか?」

思わず、

「案内所があったと思ったんですけど……」

とっさにそう答えると、コワモテは急に視線を外し、

「知りません」

無下にそう答えた。

受付で教えてもらった番号の部屋を訪ねると、顔をのぞかせたのはかなりの美女だった。

かつては確かにマンション2階に無料案内所があったが、2012年11月、県風俗案内所規制条例違反で摘発されている。客を風俗店に案内するのは条例に抵触するのに、風俗店はおとがめなし……?

この地域はオフィス街のため、学校や病院から風営法で定められた一定距離離れているので、法的には風俗営業が可能な地域となっているのだ。そして、前述した気になっていた店というのは、ノーマルなヘルスコースの他に〝VIPコース〟という、怪しい響きのコースがある店だ。

はたしてVIPコースとはどんな内容なのか、それは客側からお願いしなくても名古屋式のもてなしが受けられるコースだった。

奇妙な建てものには、摩訶不思議な出来事が待っている……。

(本原稿は、メンズサイゾーに掲載されたものを変更、追記しているものです)

-裏風俗

Copyright© 松本雷太のニッポン風俗総研   18歳未満禁止です💖 , 2019 All Rights Reserved.